般若が般若を唱えてる

●要点●
般若自体が般若を唱える事について。無自体である自己が、ムジ(無字の公案)に取り組む事について。

悟ろう!と言ってるその元が悟りや。悟りが坐禅して悟ろうとしとる。自分が悟り自身やのに、それがわからなくなっとる。だからな、無心で親に食べ物を食べさせようとする幼児。その心が蘇れば、悟りなんや。何にも変わっていない、元は。元の自分を呼び起こす呪文がムーー!般若心経も、元の自分に向かって、元の自分の姿を描いて見せている、、元の自分はわかっているのに、あえて呼び出す。

◆◆◆


禅者Keiと坐禅初心者Ayaのチャットから <<<

Kei ─

今朝の見解(けんげ)は...

般若自体が般若を唱える事について。

そういう見解。

無自体である自己が、ムジ(無字の公案)に取り組む事について。

自分自身が般若って、どう?

自分自身がムジとか。

Aya
─ まぁ、そうらしいけど、実感ない。


見るもの聞くもの全部そうなのにね~

結果的には、ここに行きつく。



本来の自己とは、

多分誰にもわからん、仏にもわからん、

それ自体やから。

(無字の公案では)ムーー!言うやろ。

本来の自己は、そのムーの本体やから。

例えばAyaさんが、Ayaさんはどこやー、言いながら自分を探してるみたいなもの。

その、Ayaさんはどこやーって言ってる元がAyaさんや。

わかる?

悟ろう!と言ってるその元が悟りや。

悟りが悟ろうとしとる、笑笑

悟りが坐禅して悟ろうとしとる。自分が悟り自身やのに、それがわからなくなっとる。



悟りが坐禅して悟ろうとしとる。

だからな、

無心で親に食べ物を食べさせようとする幼児。その心が蘇れば、悟りなんや。

いつの間にかその心を失った。

─ ほんまに?

ホンマや。

理屈ばっかりが勝って、肝心の心がない。

幼児期は心のみあって理屈がない。それに戻るんやな。

ところが、失ったと思っていたその心は、実はちゃんと体の隅々にまで行き渡っていて消えることはない。

実は、妄想に取り憑かれているだけなんだよ。

何にも変わっていない、元は。

その妄想を取り除くために、元の自分を呼び起こす呪文がムーー!

取り除くんやないんやな。元の自分を呼び出す呪文。

般若心経も、元の自分に向かって、元の自分の姿を描いて見せている、、

色即是空
空即是色

元の自分はわかっているのに、あえて呼び出す。



心の本体とかさ、何て言うか、自分て言うのは、

宝の蔵みたいなね、宇宙の全てが自分なんだという、

この身が宇宙なんだという、そこが、般若が般若を唱えてると言う。



ZEN...One world One universe One space


[PR]
# by keiaya2015 | 2017-10-15 05:53 | 禅者の成長の歩み 2017
●要点●
無字はね、「字が無い」。これが答えや。字が無い、言葉がない、そう言う世界のこと。あると思ってる世界は、ない。というのは、その実物があるかないかの問題じゃなくて、その言葉の話や。実物についてはあるともないとも、言えない。早い話が、どっでも良い。

この「どっちでも良い」というところの世界。もう少し言うと、どっちでも良い世界と、言葉によってどっちでもよくない整理された世界がある。人間はこの言語によって整理させた世界に住んでいる。いや、言語によって整理させた世界に住んでいる人を人間と呼んでいる。

言語を超えている人のことは、だから人間とは見なせないってことになる。だからこそ、禅を極めた人はちゃんと言葉の世界に戻ってくる。人間としての生活をするために。その時に初めて、人間になる、もう一度人間として生まれ変わるということになる。このすごさわかる?見性するということは、一回犬や猫になるということや。そこから平然と人間に戻る、、そして自由に犬猫になる。

◆◆◆


禅者Keiと坐禅初心者Ayaのチャットから <<<

Aya
─  (無字の公案の)無字の意味がわかったって言ってたけど、「無」って字の成り立ちは?

Kei ─
無の字でなくて、無字ね。

これは、極めて単純明瞭やった。

趙州狗子なんやけど、狗子というのは、字や。

わかるか?

狗と子という字。

犬というものとも言えるけど、それでも言語や。

犬も狗子も、口で言うイヌも言葉やろ。

文字と言葉。

無字はね、「字が無い」。

字が無い、これが答えや。



字が無い、言葉がない、そう言う世界のこと。

Ayaさん、歩いてるけど、それ足でやろ?でも、犬に足があると思う?

残念ながら犬には足はない。

というか、Ayaさんには足はあるね。間違いなく。

悟ると無くなる。

文字や言葉がなくなる。

めちゃくちゃ単純や。

あると思ってる世界は、ない。というのは、その実物があるかないかの問題じゃなくて、その言葉の話や。

実物についてはあるともないとも、言えない。

早い話が、どっでも良い。



この「どっちでも良い」というところの世界。

もう少し言うと、どっちでも良い世界と、言葉によってどっちでもよくない整理された世界がある。

言語的に整理された世界。それと、言語がなく、犬や猫のように無頓着な世界。

人間はこの言語によって整理させた世界に住んでいる。いや、言語によって整理させた世界に住んでいる人を人間と呼んでいる。

言語を超えている人のことは、だから人間とは見なせないってことになる。

だからこそ、禅を極めた人はちゃんと言葉の世界に戻ってくる。

人間としての生活をするために。その時に初めて、人間になる、もう一度人間として生まれ変わるということになる。

このすごさわかる?

見性するということは、一回犬や猫になるということや。

そこから平然と人間に戻る、、

そして自由に犬猫になる。

犬猫には総理大臣より、目の前の餌が大事や。



─ 犬に足はないもんね。犬にとってね。

そう。

人間になり直すんや。

これ、改めて無理さがわかったな。こういう話は、禅をする時に誰か教えておいてもらわないと困るな。

なんか、アホみたいに簡単な話やで、これ。やる気なくしてきた。

公案は通った。



ZEN...One world One universe One space


[PR]
# by keiaya2015 | 2017-10-08 05:46 | 禅者の成長の歩み 2017

安岡教学と禅

●要点●
安岡正篤さんの本との出会いは、父の書棚。そこに、一冊だけ安岡さんの本があってん。その前は、名前も知らんかった。その本読んだときに、かなりの衝撃でね。魂の琴線に触れた感じ。

安岡さんは何者でもない、まさに本物の禅者や。何者でもなく、平然と泰然としていられるほど強いものはない。そこを目指した人なんや、安岡さんは。安岡さんは、大衆全部が布教の対象になっていて、子供にでもわかるように噛みくだいている。子供でも飲み込めるようにね。学問で人間学をすり潰す感じや。学問で、真理をすりつぶして粉状にして飲ませる。

安岡教学も禅と本質は似てるということで。いや、逆に、安岡教学が禅の導入的な感じ。多分、この観点で見てる人は少ない。─ 導入にしてはすごすぎる。いや、禅はそれくらいのもんである。あれでちょうどいいくらいや。

◆◆◆

「人間」としての生き方 (PHP文庫)

安岡 正篤/PHP研究所

undefined


禅者Keiと坐禅初心者Ayaのチャットから <<<

Aya

─ 家に帰ったら、安岡正篤さんの本が届いてた。『「人間」としての生き方』の始まりにたまげた。「人は常に自分を無にして、造化と交わらなければならない」ってところ。造化を神に置き換えたら、説教師や。

Kei ─
そうやで。キリスト教とおんなじや。(安岡さんの本は、禅に出会う前に沢山読んだ。書経に出てくる「彝(い)」という文字の彼の説明に衝撃を受けた。)



これ。

人の踏み行うべき道。

この字は、まず上にフタがあって、下に、米と糸がある。その下に足がある。

つまり、米を糸で縛って、足のある器に入れて、フタをして、神前に添える。

それが人の道だと言う事。

その器ね。

─ 器を神前に添えることが、人の道なの?それとも、器?

その器な、人やねん。

器の中にコメ、お腹の中にコメ。

それと、神と言えども、米を供える。

食べ物や。

それが、真実やねん。

ありがたいお経でもなく、仏様でもなく、お米やねん。食べもんやねん。

人の道。

わかる?

本来の自己、真の自己、宇宙、人、そのコメが人の道。

ムジ(無字の公案)やな。

コメから離れてどっか行ったらかあかんのや。

─ うわ、わからん(笑)

わからんやろ。

私は、これに衝撃受けた。

─ 中国でもコメって特別やったの?

観念で考えてた人の道は間違いで、道はコメや。

コメが特別なんじゃなくて、食べ物や。



─ 安岡さんの本に出てくる、親孝行の話に感動してる。小さい子がご飯を食べている時に、自分の匙を親の口に運ぼうとする、親は喜ぶ、それが孝行だって。そうやねーーっ!て感動したよ。

そやそや。

人はな、コメなんや。コメが人なんや。

そんなことが言いたいわけや。

人の道は、米。

ここに衝撃を受けた。

単純やろ。

それが、中国最古の書に出てて、この道を踏み行えってなってる。

「彝」

人として生きていくための道。

書経に出てる。

これが世界で初めて人道を説いた文章や。

コメやで。

以来、私は、人と言えばこれにしてる。どんな説明よりわかりやすい

人道=コメ

─ それってさ、どういうこと?

宇宙が真の自己って言うのと同じで、自分とコメが一つになっとる。分けない。

コメを自分と思えと。

空気を自分と思え、

太陽の光を自分と思え、

ティクナットハンやな。

まず、食べ物のコメを自分と思え。分けるな。そういことやな。

重要な事やで。

これを忘れたら、確かに人間でなくなる。

食べ物忘れたら、人間でなくなる。



─ 安岡さんの宗教、道徳、法律は元は一つとか、宗教の説明とか、すごいね。さすが、Keiさんが日本だか東洋の叡智と表現した人だけのことはあるね。こんな宗教の説明、聞いたの初めてやけど、大いに頷けた。で、読んだ本の違いかもやけど、安岡さんの方が鈴木大拙さんよりすごいかも、ある意味。

鈴木大拙さんよりはすごいよ、もちろん。鈴木大拙さんて、基本的に学者やろ。禅者でもあるけど。

安岡さんは何者でもない、笑笑

まさに本物の禅者や。

何者でもなく、平然と泰然としていられるほど強いものはない。そこを目指した人なんや、安岡さんは。何者かになると弱いからね。

この前、社長に冗談で「木偶の坊」と言われて喜んでる私。笑

何者でもないってことや。役に立つ何かではなくて、どうにもならん奴って事。

これがなりたかったものや。まー、誰にもわからん楽しみやな、これは。笑笑



─ ブログに安岡さんが話題のチャット載せるけど、言い残したことは?

マジかー。まーええか。すごいことになる。

─ すごいことになるって?

安岡ファンて多いからな。真面目にそれも書き出したらさ、結構範囲が広がり、まー、大変やで。わからんかもしれんけど。

つまり、安岡教学も禅と本質は似てるということで。

いや、逆に、安岡教学が禅の導入的な感じ。

多分、この観点で見てる人は少ない。

─ 導入にしてはすごすぎる。

いや、禅はそれくらいのもんである。あれでちょうどいいくらいや。

そういう意味では、(色んな禅者が色んな事言ってるけど、イマイチなものが多い)。

─ なんで?

それだけレベルが高い。この話。

例えば禅者のAさんは、噛み砕き方が下手くそ。まだまだ自己満足の世界。学問としての練り方が安岡さんには全く及ばん。だから、知的理解の導入としては、失敗や。そういうことね。

Bさんに至っては、勉強不足すぎ。Cさんに至っては、そこまでの余裕ない人。これらの人は、禅を何十年やってからやっとわかる話ができる人たち。人を集めることはできない。

安岡さんは、大衆全部が布教の対象になっていて、子供にでもわかるように噛みくだいている。子供でも飲み込めるようにね。

学問で人間学をすり潰す感じや。学問で、真理をすりつぶして粉状にして飲ませる。

禅は丸呑みさせる。

呑み込めない人が出てくる。



茶話会の時の私の表現は、安岡さんから取ってるのが多い。表現は関西風に変えてるけど。ボケツッコミで。オリジナルは安岡。笑

その点、わかる人は少ないのは残念や。

─ そうなん?

そう。安岡教学を右翼の学問と思っとる。知ってるか?安岡さんを右翼の大物と思ってる人はかなりいてるんやで。

児玉誉士夫とか、大川周明とか、なぜかというに、岸信介て総理がいて、この人らは戦争の時、後に右翼の大物とかになる人らと付き合いがあり、戦争フィクサーね。でも実は、岸信介とかは安岡さんの弟子で、その子分の吉田茂とか佐藤栄作とか、吉田茂はちゃうけど、とにかく、その人らもみんな安岡さんの弟子で、そんな連中が戦後右翼の大物とかになってるから、安岡さんも一緒そう思われた。

本当は、その人らの先生や。しかも、安岡さん、まだ20歳代とかね。30歳とかね。そんな感じ。

海軍の総督が弟子になるわ、すごいのさ。だから、右翼とかなんとか、そんなもんウンコみたいなもんで、別にどうでもいいのさ、ほんとうは。

─ この場合の右翼って?

憲法改正、戦争肯定、天皇陛下万歳。これ。右翼。

陸海空軍の復活。帝国陸海空軍の復活、笑笑 まあ、右翼の定番や。大日本帝国陸海空軍とかね。

でも、当時の日本はそうやから。そういうのの先生ってこと。そういう人たちも、子分。



それで、実は、Ayaさんが感じているような学問を教えていたんさ。

親孝行の本質とかね。

それと、大日本帝国とがごっちゃになって、敬遠されてる。普通の人からは。

─ 右翼思想とは関係ないね。

関係ないことはない。

─ 天皇陛下万歳とか?

天皇の話は、当たり前やけど、それは、教育勅語の話とか、しっかり本質を知らないと、また右翼とごっちゃになるよ。

天皇陛下万歳とか教育勅語とか、それだけで反応する人は洗脳されてる。

安岡さんは、それを孝行とか、そういうことで解説してる。

東洋の古典の精神から説き起こす。

─ なるほどー

日本のこの前の戦争は関係ない。

本質は、東洋の伝統思想や。

天皇陛下、教育勅語。

でもそれも結局、本質は、東洋の伝統思想や。



天皇陛下、教育勅語。

でもそれも結局、キリスト教の法王とつながる。天皇陛下の思想的本質は、実は王ではなくて、バチカンなんやで。だから、中東の王族とか、西洋の政府は、天皇を敬う。イギリスのキングとは違う。

バチカンの法王。

─ アマテラスオオミカミとかと関係あるの?

神話を事実として扱っている。

西洋が、神を実在として扱っているのと同じや。それと全く同じ感覚。天照大神。神。それを主宰する人。それが天皇。

─ 話が広がりすぎ(笑)

そんなことないよ。

だから、神道だけど、学問は、儒教。皇室のね。

シンボルは?

勾玉、剣、鏡。

これが、皇室学問の本質。

─ 三種の神器とかゆーやつ?

そう。これね、このシンボルは、こうや!

智、仁、勇。

─ 剣が勇?

そう。

─ 順番がちゃう。

それを五つのに伸ばすと、

仁義礼智信

─ 勾玉は仁?

そう。

鏡が智。

そのままを写す。我がない人。

そのままを写し、慈悲の為なら、戦う!

─ 戦う!とか、これボツね。

笑笑

─ 話それすぎ。まぁ掘り下げすぎ。で、安岡さんの道は、仏道と同じなの?

同じではないな。

仏道は、お釈迦さんの見つけた道やし。安岡さんのは、学問の道やし。

実践をしたのは、あくまで実務家やから。安岡さんじゃない。お釈迦さんは実務家や。

あの人のところへ教えを請いにくるのであって、それが総理大臣だったりするからすごいんであって。

学者じゃないから、大学の先生は来ない。大学の先生は安岡さんを嫌うよ。標準的学問とちゃうから。学者にはサラリーマンみたいに組織の中での出世とかあるやろ。

安岡さんは、組織に属してない。今で言うフリーや。

そのフリーの人のところに、アメリカの大統領の使いが来たりする。

あるいは、中国では、蒋介石とか、張作霖とか、当時のすごい人らが、安岡さんなら話する。なんでかと言うと、古典で話ができたから。



安岡さんの本との出会いは、父の書棚。

そこに、一冊だけ安岡さんの本があってん。その前は、名前も知らんかった。

その本読んだときに、かなりの衝撃でね。魂の琴線に触れた感じ。

求めてたけど、遠回りしてた感じかな。

─ お父さんから繋がってるんやね。

そうそう。

魂に触れた感じ、これはなかなかないな。



ZEN...One world One universe One space


[PR]
# by keiaya2015 | 2017-10-04 05:37 | 茶話・禅話


禅者Keiと坐禅初心者Ayaのチャットから <<<

Kei ─
コロはどんな具合なんや?

Aya
─ 息ハーハー、ときどき歩く、水は飲める程度。

老衰やな。

─ そう。

なら、まー治らんからしゃーないね。残念やけど。

─ うん。

禅的には死はない。

人もたくさん死んで行ったしな。家族同然の人たちが。何人も。

そのうち自分やな、くらい。

─ さみしくない?

無駄な時間を過ごしたくないと思うくらい。

─ 会えなくなるのがさみしい。見性したら会えるの?

会えないとは思わん。いつも近くにいる感じがしてる。みんな。

というかね、元々いたのかいなかったのかわからん感じ。

もしかしたら元々いなかったのかもな。

いると思い込んでいただけ。

そしてね、私もここにいると思ってるだけだよ。ほんとはいない。コロもね。

元からいない。いると思って生きてきた。

─ ぬくもりがねーー

温もりはいいね。

─ コロのぬくもりと別れるのがつらい。

でもな、冷たくなったら、それも元々なかったんやで。

温もりも冷めた後では、元々なかった。

大事なことは、温かいうちに。

温かいと思えてるうちにすること。

冷めた後は、忘れることや。

違うモノになったんやから。


いつまでも執着しない。


ZEN...One world One universe One space


[PR]
# by keiaya2015 | 2017-09-29 05:15 | 茶話・禅話
●要点●
この指先が宇宙や。なんで人は、この体自体が宇宙の根源自体やということ忘れてしまうんかな?この体自体が宇宙に決まってるやん。そうでなければ、この体はどこにあるの?これよく見てみ。他に探すべき宇宙なんて存在する? ・・・思考から出てごらん。そこには、地球も宇宙もない。思考から出さえすれば、全てが無限になる。

今のこの形の体だけが自分と思い込んでるのは、ものすごい偏った意識状態や。別に偏った意識状態でもええけど、一回はその状態から離れて、本来の、元々の姿に戻って見るのがいい。単に宇宙本来の姿に戻ればいい。それが見性やな。一回それを経験すると、この偏った意識状態でも、それほど苦しくなくなる。なぜかといえば、この偏った意識状態が本物でないことがわかるから。

◆◆◆


禅者Keiと坐禅初心者Ayaのチャットから <<<

Kei ─

思考の外、思考以前の世界が答えや。

そこが宇宙で、思考に戻ることは、つまりまた地上に戻ってくることや。

思考の外=宇宙
思考の中=地上

これが答えや。

Aya
─ うん。以前は宇宙って遠い存在やったけど、今は近い存在になってきたよ。ブログのお陰かな。

この指先が宇宙や。

よく考えてごらん。ここは宇宙やろ?

この地球は宇宙にフワフワと... 地球なんて概念を持つからわけわからんようになってるだけで、ここは宇宙で、我々は宇宙人。しかも、その宇宙の場所も知らん。

当たり前や、思考の作り出したものや、全部。

思考から出てごらん。

そこには、地球も宇宙もない。まあ敢えて宇宙というのを無限とか捉えられないものの意味で言ってるけど。

とにかく、一旦思考の外に出ることだけが目的や。

全て限定、生とか死と、これは思考が原因や。思考から出さえすれば、全てが無限になる。

─ どうやってでるの?

ムジ(無字の公案)。


◇◇◇



─ 難しい。私は煩悩まみれや。

わかってしまえば簡単なことや。

そんなに特別なことじゃないから、焦らんことや。なんか特別なことと思うからかえって難しくなるんや。そもそもの状態を自覚するだけやから。

そもそもの状態なんて、別に、この身は宇宙そのものって、当たり前やろ?それだけやん。

どこにも慌てる必要なんかないねん。ほとんどの人がな、何か特別なものを得ようとするその心に迷っとる。

得るんとちゃうねん。手放すねん。

妄想を手放すだけでええねん。特別なことはないねん。

─ なるほど。

でもな、言葉でわかっただけでは妄想やから、あかんねん。

問題はな、感覚としてそれがわからないとダメってこと。

この身が宇宙ってことはな、小さな自分とかいう考えは無意味というか、存在してないというか、宇宙なのにね、この体自体が。

それなのに空を見上げて、宇宙ってどーなってるんやろーとか、変やろ?

どーもこーもない、この体自体が宇宙に決まってるやん。そうでなければ、この体はどこにあるの?

この体の発生源とか、
そのいる場所とか、
このままの即今とか、

これよく見てみ。他に探すべき宇宙なんて存在する?



なんで人は、この体自体が宇宙の根源自体やということ忘れてしまうんかな?

宇宙がこの形をとって現れてるねんで。

他にも森羅万象、あらゆる形を取っとる。

自分とはそういうもので、生きてても死んでても、どんな形になってても、それが元々の本来の自分や。

今のこの形の体だけが自分と思い込んでるのは、生活習慣としての癖にすぎない。

それは、ものすごい偏った意識状態や。



別に偏った意識状態でもええけど、一回はその状態から離れて、本来の、元々の姿に戻って見るのがいい。それが見性やな。

一回それを経験すると、この偏った意識状態でも、それほど苦しくなくなる。

なぜかといえば、この偏った意識状態が本物でないことがわかるから。妄想、偽物とわかるから。

それには、単に宇宙本来の姿に戻ればいい。



ZEN...One world One universe One space


[PR]
# by keiaya2015 | 2017-09-26 05:24 | 坐禅へのヒント

某坐禅道場で悟後の修行に励む在家禅者の個人的なブログ◆悟りとは、禅とは、坐禅修行とは… ブッダから途絶えることなく継承されてきた「禅」という究極の道を歩む修行者が、リアルな体験を元に語ります◆修行の歩みを記録して行くことを通して、伝統的な坐禅修行の奥深さと卓越性をお伝えすることを目指しています◆「悟りとは徹底的な否定の連続、だからどこまでも進んで行く」by Kei since 2015


by サラリーマン禅者