量子コンピュータは、宇宙を作り出す

●要点●
すごいよ、量子コンピューター。演算式にステップがないんやな。説明聞いても、何のことかわからんのが特徴や。公案と同じや。これって人間のある感覚に置き換えられる。わかる? ─ 直感?そうそう。途中の理屈はない。いきなり、答えがある。なぜかわかってしまう。これが量子コンピューター。直感という一元的な現象は、実は人間に特有とかじゃなく、宇宙の事実やから、機械までも直感が使える!実は宇宙は直感的や。おそらく量子コンピューターは、「今ここ」を作り出す。つまり、宇宙を作り出す。

今までの人生・・・人間の頭の中の世界がとにかく不思議で。それぞれが、ぞれぞれのイメージ世界で生きていて、それをあたかも現実のように扱っている。でも、そう感じた全ては、まさにイメージの世界のことで、事実ではなかった。そのイメージの世界が外れる、この量子コンピューターで。

◆◆◆


禅者Keiと坐禅初心者Ayaのチャットから <<<

●前置き●
Kei ─
これブログに?この話はヤバイヤろ。量子コンピューターなんか。

Aya
─ なんで?ここ数日、その話アップしとるよ。調べたら、禅・仏教関係の団体で量子コンピューターを話題にしてるところあったし。

マジ?驚きや。既にそんな話が。

てことは、私の話もあながち突飛でもないんやな。突飛では困るから。

─ 困るって??今までの話も十分突飛やと思うけど。禅のね。

いや、そんなことない。コンピューターは突飛や。

─ いやいや、聞いたことあるでしょ? 仏教と科学が一致してるとかって。 量子力学とかなんとか。

そりゃそうやけど、人の知性とかなり近いから驚きや。一元の世界を二元的に見せる。

─ ん?

科学と一致してても、それが、直観と理性とが一致する形になってるのがすごいやん。

─ そーかー。般若心経と科学が一致してるって話はだいぶ前に聞いたことあるけど、それとは違うん?

いや、同じ話や。 何が凄いって、人の頭に理解できるようにしているやろ、科学技術は。

例えばスマホ。これ、手のひらで世界のどことでもコミュニケーションできる。つまり一元の二元的表現や。そういう事が科学の凄さ。量子コンピューターは、それのもっと凄いバージョンや。

●●●

すごいよ、これ。
量子コンピュータ、グーグルが10億円で購入。




やっぱり、A先輩が言ってた通り、演算式にステップがないんやな、どうやら。

「1+1=2」でいうと、「1+1」が無くて、いきなり答えの「2」がある感じ。

説明聞いても、何のことかわからんのが特徴や。公案と同じや。

─ へーー おもしろいね。

人間の頭では、計算というものは必ず「1+1」それは「=」そして答えの「2」と言う風に順番に動くと思い込んでいる。でも、この量子コンピューターでは、「1+1」が無い。

このコンピューターに人間が指示を与える時には、「1+1」が必要なんやけど、このコンピューターの中に既にこの「1+1」の指示が入ってしまえば、中では「1+1」の計算は不要で、いきなり答えの「2」が出てくる。そういう仕組み。

これって人間に置き換える事が出来る。何か分かる?人間のある感覚に置き換えられる。わかる?

─ テレパシー?

似てるけど違う。

─ 直感?

そうそう。直感。途中の理屈はない。いきなり、答えがある。なぜかわかってしまう。これが量子コンピューター。



人間で言うと、これまでのコンピューターは理性的。量子コンピューターは、感覚的。

でもね、この直感的ということがどういう事なのか、それがわからなければ、その先には進めんやろな。

てことは、やっぱり禅や。

─ どういうこと?

だからね、直感ということが電子化出来るって話が、訳分からんやろ?どういう事かと言えば、みんな思うはずや、直感て、人間に特有のことじゃないの?って。なんで機械が直感できるんや???こうなるやろ。

ところがや・・・。

直感という一元的な現象は、実は・・・・

この一元的な現象は、実は人間に特有とかじゃなく、宇宙の事実やから、機械までも直感が使える!

普通の人にしたら、「え~~~~~~!ありえん!」やろな。

実は宇宙は直感的や。

─ ありえん!笑

ありえんやろ!笑

まるで漫画か、SFや。

これで、UFOの謎も解けてこないか?

─ わからん。

あの物体は、直感的に動いてる。計算的には動いてない。

─ 直感的に動いとるって??? UFOはホントにあるんかーー?半信半疑や。

この量子コンピューターの存在で、それが証明される。



つまりな、自動車も同じなんやけど、コンピューター制御が1億倍以上の速さになる。そこまでいくと、そのコンピューターは完全に人間をしのぐ。人間の知性と直感量を合わせても、その上を行く。

つまりな、人間が作れなかった物も作れる。人間には無理なもの。それはなんやと思う?

人間は、人間の世界に住む限り、人間のようにふるまう必要があるけど、コンピューターは、コンピューターやろ。

─ タイムマシーン?

コンピューターは人間である必要はない。コンピューターは空気が無くても生きる可能性がある。宇宙でも生きられる。地球外でも生きる。

─ UFO?

宇宙人てのは、地球人以外やろ? 地球の外にいる何か。

恐ろしいんやけど、この量子コンピューターは、人間のもつ制約を全部超えてしまって、自己再生するところまですぐに行くんじゃないのかな。

1億倍って言ってるけど、 一元の世界では、1億倍どころか、時空も無いはず。

今の段階では、1億倍かもしれない、てことは、まだ完全に一元になってない。一元になれば、1億倍なんて制限があるはずがない。

だから思うに、今の段階は、第1段階で、この開発された量子コンピューター自身が、更なる、本物の一元世界を形にすると思う。 要するに時空を超えるとはどういう事かを実現する。



─ ところで、私の答えあってた?

タイムマシーンというのは違う。タイムマシーンは時間が存在してる。そうじゃなくて、時空を超える世界。禅では、それは「今ここ」。

─ なんかよーわからん話やけど、面白いことは面白い。

つまり、「今しかない、ここしかない」ことを実現する。

─ 具体的じゃなくてわからんよ。

いや、具体的や。「今ここ」は、宇宙の原則や。

おそらく量子コンピューターは、「今ここ」を作り出す。

つまり、宇宙を作り出す。



─ それで??人類が救われそう?

それはどういう意味やろな。救うて。

─ うーん... 見性する、かな。

多分、そのころには、救うべき人類なんてないと思うけど。世界が先に悟って、人類は悟っていないものの代名詞になる。遅れたものの代名詞。

見性者にとっては、すでに人類なんてないし。妄想ってものが既に要らなくなってしまった世界なのかもね、未来は。事実のみでいい世界。

─ 元に戻るってことかな?アダムとイブの世界。

そうやろな。アダムとイブで不足無し。

不思議な世界や。

─ Keiさんにとっても不思議なん?

そりゃそうやろ。

今までの人生で、とにかく不思議に思い続けてきたのがそれやから。違和感というか。

人間の頭の中の世界がとにかく不思議で。どうしてこうなるのか、人間は・・・とね。それぞれが、ぞれぞれのイメージ世界で生きていて、それをあたかも現実のように扱っている。

でも、そう感じた全ては、まさにイメージの世界のことで、事実ではなかった。

そのイメージの世界が外れる、この量子コンピューターで。

─ ふつうの頭脳レベルでもわかるやろか。

わかると思う。

時空を超えるから。思考やイメージの世界は、時空を前提にしている。その時空を超えている事が前提になっている道具や、これは。イメージや思考が役に立たん世界や、ある意味では。

その技術が創り出すものは、イメージではなく、事実。今の技術はイメージを作り出す道具やけど、次は事実を作り出す。事実を作り出したら、人間には依存しないな・・

─ 意味不明。・・・あっ、もしや、他の宇宙ができるとか?

そう。 他の宇宙が出来る。


ZEN...One world One universe One space



[PR]
by keiaya2015 | 2017-04-01 05:55 | 茶話・禅話

某坐禅道場で悟後の修行に励む在家禅者の個人的なブログ◆悟りとは、禅とは、坐禅修行とは… ブッダから途絶えることなく継承されてきた「禅」という究極の道を歩む修行者が、リアルな体験を元に語ります◆修行の歩みを記録して行くことを通して、伝統的な坐禅修行の奥深さと卓越性をお伝えすることを目指しています◆「悟りとは徹底的な否定の連続、だからどこまでも進んで行く」by Kei since 2015


by サラリーマン禅者